ブログを移転しました
ホームページ「たびそら」の大幅リニューアルに伴い、ブログを移転しました。

新しいURLは
http://tabisora.com/blog/
です。

今後ともよろしくお願いします。



[PR]
# by butterfly-life | 2016-08-25 00:57 | その他
トークイベント「写真家たちが見たブータンの素顔」


今年6月、初めてブータンを訪れました。短い期間ではあったけれど、予想以上に面白い経験でした。仏教に根ざし、民族の伝統を重んじるブータン。この国の魅力について語り合うトークイベントを開催することになりました。今回は一緒にブータンを旅した写真家5人による共同イベントです。同じ期間、同じ場所を旅した写真家が、それぞれ違う視点で捉えたブータンの表情をお楽しみください。

関健作×三井昌志×野村哲也×中田浩資×山本高樹 トークイベント
「写真家たちが見たブータンの素顔」

2016年6月、世界各地をフィールドに活躍する5人の日本人写真家たちが、ヒマラヤの小国、ブータンを訪れました。信号機のない首都、美しい棚田に彩られた農村、人々の屈託のない笑顔。ブータンでの数々の出会いの中で、5人の写真家たちは何を感じ、何を思い、何を写真に切り取ったのでしょうか。さまざまな国々を独自の視点で見つめてきた写真家たちが、彼らの見た素顔のブータンとその魅力について語り合うトークイベントです。


■日時:9月24日(土)14:30〜16:30(14:00開場)
■会場:モンベル 渋谷店 5F サロン
東京都渋谷区宇田川町11-5 モンベル渋谷ビル TEL03-5784-4005
http://www.montbell.jp/
■定員:90名(メールによる事前予約制)
■主催:GNHトラベル&サービス
http://gnhtravel.com/

■参加方法
メール(event@gnhtravel.jp)にてご予約の上、イベント当日に会場入口でお一人につき以下の方法のいずれかでご入場ください。予約のメールでは件名を「トークイベント予約」とし、参加される方のお名前(複数名の場合は全員のお名前)と、それぞれの方が下記のA、B、C、D、E、Fのどの方法での入場を希望されるのかをご明記ください。

A:関健作『ブータンの笑顔』の購入(税込1728円)
B:三井昌志『渋イケメンの国』の購入(税込1728円)
C:野村哲也『イースター島を行く モアイの謎と未踏の聖地』の購入(税込1080円)
D:下川裕治・中田浩資『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』+『週末アジアでちょっと幸せ』2冊の購入(合計税込1577円)
E:山本高樹『ラダックの風息[新装版]』の購入(税込1944円、非売品小冊子『未収録エピソード』とポストカード2種付)
F:書籍は購入せずに参加費1500円のお支払い(モンベルカードご提示の方は1300円)

※トークイベント終了後に開催を予定している懇親会(会場は渋谷近辺を予定、参加費は実費となります)に参加ご希望の方は、メール(event@gnhtravel.jp)でのご予約の際にその旨をお知らせください。
※定員を超えてしまってからのご予約は、お立見になる場合があることをあらかじめご了承ください。
※会場ではご入場時にA〜Eの書籍をお買い上げにならなかった方々にも、各書籍の販売を行います。
※会場で書籍をお買い上げいただいた方でご希望の方には、イベント終了後、著者によるサインを進呈致します。


■出演者
関健作 Kensaku Seki
1983年千葉県生まれ。写真家。2006年、順天堂大学・スポーツ健康科学部を卒業。2007年から3年間体育教師としてブータンの小中学校で教鞭をとる。現在、写真家の道を選び、ブータン、チベット文化圏に住む人々をテーマに撮影している。著書に『ブータンの笑顔 新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間』(径書房)など。
http://www.kensakuseki-photoworks.com/

三井昌志 Masashi Mitsui
1974年京都市生まれ。 写真家。アジアの辺境を旅しながら、「笑顔」と「働く人」をテーマに写真を撮り続けている。主なフィールドはインド、バングラデシュ、ネパール、ミャンマー、カンボジアなど。著書に『渋イケメンの国 〜無駄にかっこいい男たち〜』『写真を撮るって、誰かに小さく恋することだと思う。』(ともに雷鳥社)など多数。
http://www.tabisora.com/

野村哲也 Tetsuya Nomura
1974年岐阜県生まれ。写真家。高校時代から山岳地帯や野生動物を撮り始め、“地球の息吹き”をテーマに、アラスカ、アンデス、南極などの辺境地に被写体を求める。2007年より南米のチリに移り住み、四季を通してパタゴニアの自然を撮影。今までの渡航先は100カ国以上に及び、海外の辺境ツアーガイド、テレビ局やマスコミのアテンドにも携わる。著書に『イースター島を行く モアイの謎と未踏の聖地』(中公新書)など多数。
http://www.glacierblue.org/

中田浩資
1975年徳島市生まれ。写真家。大学休学中の1997年に渡中。1999年までの北京滞在中、通信社にて報道写真に携わる。帰国後、会社員を経て、2004年よりフリー。旅行写真を中心に雑誌、書籍などで活動中。共著に『ディープすぎるユーラシア縦断鉄道旅行』(中経の文庫)『週末アジアでちょっと幸せ』(朝日文庫)など多数。
http://www.nakata-photo.jp/

山本高樹 Takaki Yamamoto
1969年岡山県生まれ。著述家・編集者・写真家。インド北部のラダック地方の取材がライフワーク。著書に『ラダックの風息 空の果てで暮らした日々[新装版]』(雷鳥社)『ラダック ザンスカール トラベルガイド インドの中の小さなチベット』(ダイヤモンド・ビック社)など。
http://ymtk.jp/ladakh/




[PR]
# by butterfly-life | 2016-08-20 09:45 | その他
旅行記2015がついに完結! 結末はCD-ROMで
 半年にわたって連載を続けてきた旅行記2015は最終回を迎えました。
 この続きはぜひCD-ROM版を購入してお読みください。
 未公開エピソードが23話も入っている読み応えのある電子書籍です。

 今回はこのCD-ROMの「読みどころ」をご紹介します。



トウガラシ市場で涙が止まらない理由

 トウガラシはインド料理に欠かすことのできないスパイスであり、インド人一人あたりのトウガラシ消費量は日本人の約10倍にもなるという。「カレーは辛い」という当たり前の事実は、豊富なトウガラシによって支えられているのだ。



 一面に広がる鮮烈な赤と、そこで働く男たちの姿はとてもフォトジェニックだったが、撮影するのは大変だった。トウガラシをかき混ぜると、辛み成分のカプサイシンが大量に揮発するので、そばにいるだけで目や鼻の粘膜が刺激されて、涙と鼻水が止まらなくなってしまったのだ。

 市場で働く男たちは普段からカプサイシンに慣れている「トウガラシのプロ」のはず。だから平気で仕事をしているのかと思いきや・・・全然そんなことはなかったのでした。実にインドらしいエピソードです。



インドでは老け顔の方がトク?

 ラジャスタン州南部のシロヒ県にある村で、中学校を訪ねることができた。
 英語教師のジテンドラさんと地理を教えるケムラジさんの二人は、どちらも流暢に英語を話し、知識も豊富だった。特に地理のケムラジさんは、日本が4つの島
から成り立っている国で、それぞれホンシュウ・ホッカイドウ・キュウシュウ・シコクと呼ばれていることや、安倍首相とインドの首相モディは仲が良く、お互
いのツイッターをフォローしていることなど、日本についても詳しく知っていた。



「私の年齢を当ててみて」
 と言ったのはジテンドラさんだった。かなりの難問だった。第一印象は僕と同い年か少し年上に見
えた。ジテンドラさんの頭はかなり薄くなっていたし、肌の色つやや落ち着いた話しぶりから推測しても、僕より年下だとは思えない。

 それでも僕は「37歳・・・ぐらいかな?」と答えた。先ほどとは逆に、インド人は老けて見える場合が多いので、自分の感覚よりも3,4歳下ぐらいがちょうどいいだろうと考えたのだ。

 しかし正解は僕の予想の斜め上を行くものだった・・・。



1万人が参加する巨大結婚式

 インドでは今もなお「超ド派手婚」が主流である。招待客が1000人を超える披露宴だって当たり前なのだ。結婚式に対する意気込みが日本人とは全然違うのである。



 スレンドラナガールという町の近郊で開かれていたのは、1万人もの人々が参加する巨大な結婚式だった。
「今日は45組のカップルが一緒に結婚式を挙げるんです」
 と教えてくれたのは、流暢に英語を話すジャグディシュ君。ITを学ぶ23歳の大学生だ。
「45組が一緒に?」
「そうです。私たちはみんな同じカースト『コリ』に属しています。グジャラート州には70ほどのカーストがありますが、コリはもっとも大きな集団なんです」

 インドには結婚式を挙げるための資金を工面できないカップルもたくさんいるのだが、そんな人のために無料で結婚式を開いてあげましょうというのが、この
イベントの主旨だった。会場費やご飯代などはすべて無料。花嫁衣装まで用意してくれるという。まさに「身ひとつ」で結婚できるのである。





* 高画質写真を1000枚以上も収録

 CD-ROM2015に収められているのは旅行記だけではありません。
 WEB未公開の写真を数多く含む高画質の写真も必見です。
 その数なんと1000枚以上「デジタル写真集」としても楽しんでいただけます。写真の画質は、サンプル(1)(2)(3)でお確かめください。



* ご購入は「たびそら通販部」で

価格は1600円。通信販売でのみご購入いただけます。
この作品集を買っていただくことが、今後も旅と撮影を続けていくための何よりの励みになります。ぜひご購入ください。
>> ご注文はこちらから



* 旅心をくすぐるCD-ROMシリーズ

写真家・三井昌志のCD-ROM作品集は全部で9タイトル
この機会にぜひ併せてお求めください。

旅行記2013

インド色を探して

南アジア編

東南アジア編

インド一周旅行記

2005

2004

ユーラシア一周2001
[PR]
# by butterfly-life | 2016-02-29 12:39 | インド旅行記2015