写真展二日目
 写真展二日目の朝に現れた男性は、いきなり「足を触ってもいいですか?」と言って、僕のふくらはぎをもみもみしてきた。もちろん痴漢ではない。女性だったら大問題だが、幸いにして僕は男である。
「これがリキシャを4ヶ月漕いできた足ですか」
 その方は感心したように言うのだった。確かにこの4ヶ月で、僕のふくらはぎは太くなった。筋繊維が発達し、子持ちシシャモのようにふくれている。触りたくなるのもわからなくもないけど・・・ちょっとびっくりしますよね。

 「見世物学会評議委員」という奇妙な肩書きを持つ栗原さんが現れたのは夕方。
 見世物学会とは衰退の危機にある見世物小屋やオートバイサーカスなどを研究し、保護していきましょうという団体らしい。
 栗原さんが僕の写真に興味持ったきっかけは、インドの移動式遊園地の動画を見たからだった。そこに写っているオートバイサーカス(円筒状の壁をバイクがぐるぐると回るという見世物)に感激したのだという。実はこの円筒型オートバイサーカスは日本では絶滅の危機に瀕しており、唯一青森に残っているだけだという。
 インドの移動式遊園地を見たとき、「なんてアジア的な空間なのだろう」と思った記憶がある。チープで、支離滅裂で、懐かしい。耳をつんざく大音量の中、エンドレスにだらだらと続く祝祭。回り続けるバイクと、踊り続けるヘビ女。
 栗原さんはインド未体験だが、ぜひ自分の目で移動遊園地を見てみたいという。

 写真展終了後は千駄ヶ谷で行われていたU-streamの放送に参加。ネットを使ったリアルタイムのテレビ放送だ。メディアクリエーターの佐々木博さんに誘われて、まったく事情がわからないままのこのこ出かけていって、そのまま30分ぐらい生放送でお話しした。(生放送は28日午後も12時間ぶっ続けで続くそうです)

 佐々木さんは常にネットメディアの先端にいる人で、張り巡らせたアンテナの感度は高く、そのアイデアはいつも刺激的で面白い。電子出版の先にあるもの、未来のカメラについて、ソーシャルメディアとクリエーターとの幸せな共存について。そんな興味深い話を聞かせていただいた。




【放送はこんな感じで行われていました。マイクを持つのが佐々木さん】
[PR]
by butterfly-life | 2010-08-28 08:44 | リキシャで日本一周


<< 写真展三日目 写真展初日の様子 >>