東ティモールの写真
10月1日からアジアを巡る旅に出ています。今はバングラデシュの首都ダッカにいます。
リアルタイムでの旅の様子はツイッターで更新しています。

東ティモールを訪れたのは5年ぶりのこと。物価が急激に上がり、もともと少なかった旅行者を阻む壁がさらに高くなった気がしますが、人なつっこくて陽気な人々はまったく変わりませんでした。


マリアナという町で撮った用水路で遊ぶ子供たち。子供たちの溢れんばかりのエネルギーがこの国の一番の魅力だ。


きらきらとした瞳が印象的だった少女


東ティモールの子供たちはとても人懐っこい。外国人を見かけると「マライ!」「マライ!」と声を上げて近づいてくる。


高床式の家の床下で、伝統の織物タイスを織る女性。タイスは結婚式などのハレの日に身につける。


灌漑設備の整ったマリアナでは、他の地域と違って年に2回お米がとれる。稲が青々と伸びる田んぼで、帽子をかぶったおじさんが雑草を取っていた。


さわやかな朝の光を浴びる農夫の笑顔
[PR]
by butterfly-life | 2013-10-21 12:14 | 旅行記2013


<< 無駄にかっこいいバングラデシュ... インド旅行記がついに完結! 結... >>