インドで迎える新年

インドの新年

 あけましておめでとうございます。
 新年早々、寝不足です。宿の一階がバーになっていて、12時を回ると酔っ払った若者が大騒ぎを始めたのです。インドにはニューイヤーなんて関係ねぇ、って思っていたんだけど、どの国でも若者は騒ぐ口実を見つけて騒ぎたがるもののようです。あぁ眠い。

 日本を発ってからそろそろ1ヶ月。今のところ旅は順調です。今はアンドラプラデシュ州を南下中。インドも南に来るとかなり気温が上がってきます。最高気温は30度を少し超えるぐらい。過ごしやすい陽気、といったところでしょうか。

 大晦日には一日に1900枚以上撮影しました。「シャッターをたくさん押せば、いい写真がたくさん撮れる」というわけではないのですが、撮影枚数は自分が旅に入り込めているかどうかのひとつの指標にはなります。
 光と土と水に恵みを全身で感じる1日でした。


2015年も実り多き年でありますように。


Happy new year!と呼びかけたら、Same to you と答えるのがインド人の習わし。すがすがしい新年の幕開け。


インドにときどき現れる、私はチキンマン。お兄さんみたいにマッチョな体になりたかったら、みんな鶏肉を食べような。ついでに顔も鶏顔になっちゃうが、細かいことは気にするな。


インドで初めてメガソーラーを見かけた。風力発電は盛んなインドだが、今後は太陽光にも力を入れていくということか。日本と同様「持たざる国」だからエネルギー政策は重要だ。


インドで滅多に見ないiPhoneユーザーに会った。靴屋の店主はiPhone5sを5万ルピー(10万円)で買った。すごく高い。「ステイタス・シンボルさ」と彼は言う。インドにおけるiPhoneは「人が羨むアクセサリー」なのだ。


インドのサルは自由すぎる。鉄道駅に行ったら、レールに座って悠々とミカンを食べている怖いもの知らずのサルがいた。通過列車がやってきたら、慌てて逃げていったけど。


床材として使う御影石を薄く切断する工場で働く男。直径2m以上もある巨大なカッターで硬い石を切っていく。


今年も、こんな笑顔にたくさん出会えるといいな。


[PR]
by butterfly-life | 2015-01-02 10:58 | インド旅行記2015


<< パパはスナフキン ワクワクする40代でいこう >>