インドの食べ物

インドの食べ物

 一部の大都市ではスーパーマーケットを見かけるようになったけれど、大多数の庶民は市場や屋台や小さな雑貨屋で買い物をしています。インド人の胃袋を支えているのは、昔ながらの小規模流通なのです。


ジャガイモ、ナス、ニンジン、カリフラワー。市場に並ぶ色とりどりの野菜がインドの食卓を彩る。


インド料理に欠かせないスパイスの専門店。ターメリック、トウガラシ、コショウといったスパイスが量り売りで売られている。


いまインドで旬な果物はぶどう。1キロ40ルピー(80円)と安く、とても甘くてみずみずしい。マスカット色と紺色の二種類あるけどどっちも美味い。いつも半キロ買って、夜と朝に食べることにしています。


バナナは主に南インドで作られている。どの国でもそうだが、安くて手軽な栄養補給源だ。


自転車に大量の椰子の実を載せて売り歩く男。ほのかに甘いココナッツジュースは天然の清涼飲料だ。


グジャラートではチャイはお皿にこぼして冷ましてから飲む。町のチャイ屋台ではみんなこうして、お皿に口をつけてずずずーっと飲んでいる。グジャラーティーは猫舌なのだろうか?

昼下がりのアイスクリーム屋は大繁盛。子供や女性だけでなく、ターバンを巻いたおじさんや、メガネをかけたビジネスマンもアイスを食べる。グジャラート州は禁酒州なので酒は御法度。その代わりにアイス屋やジュース屋が非常に多い。


安食堂の壁に貼ってあったコカコーラの広告。でも実際のところ、コーラはドーサにもプーリにも合わない。というか、コーラに合うインド料理なんてあるんだろうか?
[PR]
by butterfly-life | 2015-02-19 10:56 | インド旅行記2015


<< インドの渋くてカッコいい男たちの写真 インドの野良牛と野良犬と野良羊... >>