インドで見かけた個性的な男たちの写真

インドの変なおじさん

 日本人の基準からすると、インドには変わった人が多い。裸で街を歩くジャイナ教の出家者もいれば、全身を真っ白に塗ったサドゥーもいる。物乞いやホームレス、住居を持たない流浪の民も多い。それを「個性」と呼んでいいのかわからないが、インドには様々な生き方があって、それが許容されているのは確かだ。


自分の体を太いムチでしばきまくるという過激なパフォーマンスを繰り返しながら町を練り歩いていたおじさん。インドの祭りはとにかくイタくてハイテンションなのだ。


そ、そんなところで寝てたら、マジでひき殺されちゃうよ! 
インドは基本的に飲酒がタブーなのだが、たちの悪い酔っ払いはけっこう多い。


私はサルですが、何か? 
サルの神様ハヌマーンジーに扮して町を歩き、お金をもらう男。やってることは物乞いとあまり変わらないのだが、見た目のインパクトは段違いだった。


ショッキング・グリーン!インドの街で全身緑色のおじさんを発見。よくそんな色の服が売ってましたね。


インドのスーパーマリオ?


ユパ様!
一人で腐海の森に入られたあなたが、まさかインドにいらっしゃるとは!
[PR]
by butterfly-life | 2015-05-07 11:50 | インド旅行記2015


<< 良い写真って何だろう? バイクでインド一周の旅がついに... >>