<   2013年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ミャンマーの写真
 バングラデシュの旅を終え、バンコクのカオサン通りを歩いていると、偶然僕のことを知っている人に出会った。以前鹿児島県で行った講演会に来てくれて、そのあとリキシャにも乗ってくれた人だった。
 深見さんは40歳を過ぎて、奥さんも子供もいる身でありながら、長年勤めていた会社を辞めて、写真の道で生きていこうと一人旅を始めた人だった。すごいですね。(もちろんいい意味で)クレイジーです。

 僕自身がクレイジーなことを大まじめに十何年もやっているからよくわかるんだけど、「できる」と「実際にやる」とのあいだには高い高い壁がそびえている。40を超えて家庭があっても旅に出ることは可能だ。でも実際にそれをやる人はほとんどいない。

 年を重ねるといろんな事が見えてくる。見えすぎてくる。自分の可能性の限界も見切れてくる。大きくジャンプすることが億劫になる。無難な道を選んで歩くようになる。それが悪いわけではない。大人になるのはそういうことだと思う。

 でも、ごく稀に妙なことを思いついて、それを実行せずにはいられない人がいる。深見さんが25年のサラリーマン人生を捨てて旅に出たように。僕がリキシャを漕いで日本一周をしたように。

 それが何の役に立つのかなんてわからない。僕らを突き動かしているのは説明しようのない情熱だ。でも結果的にその突飛な行動がこの世界に何かをもたらすことがある。僕はそう信じている。だからクレイジーな連中を少し大目に見てやってくださいねっていう話です。


そんなクレイジーな旅の中で撮ったミャンマーの写真。空いっぱいに広がるうろこ雲。金色のパゴダ。バイクで鶏を運ぶおばちゃん。


小学校の様子。黒板に書かれたビルマ語を大声で読み上げるという授業。


古い僧院にたたずむ少年僧。僧院の敷地内はいつも穏やかな時間が流れている。


ビー玉で遊ぶ少年僧。僧侶といってもまだ遊びたい盛りなのだ。


マンダレー郊外で牛にスキを引かせて畑を耕す男。乾季のこの時期には野菜やスイカなどを作る。
[PR]
by butterfly-life | 2013-11-21 20:13 | 旅行記2013
バングラデシュで町工場萌え
 10月1日にスタートした旅も、そろそろ後半戦。今はミャンマーのマンダレーにいます。

 さて、今回のバングラデシュ旅の裏テーマは「工場萌え」ならぬ「町工場萌え」でした。
 バングラデシュにも巨大な化学プラントや工場が建つようになりましたが、やっぱり家族経営の「まちこうば」が圧倒的に多い。そういうところをひとつひとつ訪ねて写真を撮ってきました。


ガスコンロを作る小さな工場。溶接のアークライトの中に男のシルエットが浮かび上がる。


こちらは旋盤工場で働く男。小さな裸電球で手元を照らしながらの作業だ。


バングラデシュでタクシーとして使われているCNG(圧縮天然ガスエンジンのオート三輪)の修理工場。車体を持ち上げて駆動系を直している。


何に使うのかはわからないのだが、巨大な歯車と土台を溶接している男。


ポンプ工場。鋳造された部品にドリルで穴を開けている。


ポンプを作る工場で働く女たち。石炭で溶かした鉄でポンプの部品を鋳造する。
[PR]
by butterfly-life | 2013-11-15 22:46 | 旅行記2013
バングラデシュのはたらきもの
 バングラデシュといえば今も昔も人口過密の国。経済成長著しいとはいえ、国全体で見ればまだまだ貧しくて人件費がとても安いのです。だから何でも人力に頼っている。

 そんなわけでバングラデシュを旅していると、いたるところで汗水垂らして働いている人々の姿を目にすることになるのです。


ポンプの部品を作る鋳物工場には、鉄を溶かすための炉があった。石炭をくべて送風機で風を送って高温にする。そうやってどろどろに溶かした鉄を砂型に流し込むのだ。


大きなドラム缶を荷車に載せて運ぶ男。それにしても大変な量だ。


チッタゴンにある塩の精製工場で働く男。精製する前の塩をスコップで積み上げている。


漁船の汚れをタワシでこすって落としている漁師たち。決して遊んでいるわけではないのだけど、けっこう楽しそうだった。


鉄パイプをグラインダーで削っていた男。激しく火花が飛び散るから防護グラスは必須だ。


卸売市場で米袋を担ぐ男。背は低いが体幹ががっしりしている。それが「担ぎ屋」たちに共通した体格だ。


チッタゴンの塩工場で働く男。なんちゅう体や。
[PR]
by butterfly-life | 2013-11-05 10:15 | 旅行記2013