<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
旅行記2013がついに完結! 結末はCD-ROMで
 半年にわたって連載を続けてきた旅行記2013は最終回を迎えました。
 この続きはぜひCD-ROM版を購入してお読みください。
 未公開エピソードが26話も入っている読み応えのある電子書籍です。

 今回はこのCD-ROMの「読みどころ」をご紹介します。



「虹を架ける男」を撮る

 ミャンマーでは心に残るシーンに何度か遭遇しましたが、その中でもとりわけ印象的だったのが「虹を架ける男」でした。

 乾季のミャンマーにしては珍しく、朝から雨が降り続いていました。雨が降り始めたら適当な場所で雨宿りして、雨が上がると再びバイクにまたがって走り始める。それを何度か繰り返していると、東の空に虹が出ているのが見えたのです。



 そこでどんな風に「虹を架ける男」を見つけたのか。どうやってこの奇跡的な一瞬をものにできたのかは、ぜひCD-ROMでお確かめください。

 大切なのは「光を観る」こと。光そのものに感動し、光の変化を楽しむ姿勢が、シャッターチャンスを生むのです。

 旅は「地図のない宝探し」のようなもの。宝物がどこに埋まっているのかはわからないんだけど、最後まで諦めずに何かを追い続けた者には、必ず旅の神様が微笑みかけてくれる。僕はそう信じています。





絶望の中の希望の光

 ミャンマーは3,4年前から国の方針が大きく変わりました。広く外国に門戸を開き、人や投資を呼び込もうという政策に転換したのです。そのおかげでミャンマー経済は好調で、日本でもちょっとした「ミャンマーブーム」が起こっています。

 でも5年前まではまったく違いました。秘密警察が跋扈し、メディア統制と密告が日常を支配する国だったのです。

 その現実を赤裸々に語ってくれたのが、マンダレーで出会ったリンリンさんでした。彼は「アウンサンスーチーの著書を持っていた」というただそれだけの理由で逮捕され、4ヶ月にもわたって監獄に閉じ込められ、拷問を受けることになったのです。

 しかしその過酷な経験は彼を強くしました。政府への憎悪を募らせるのではなく、まったく違う方法で、自分を大きく成長させたのです。

 絶望の中にあっても決して希望の光を失わない。リンリンさんの生き方に、僕は深く共鳴したのです。



ゴミの町に生きる

 「美しいもの」と「醜いもの」が同居するバングラデシュを代表するような場所が、首都ダッカの片隅にありました。ここに住む人々は、膨大なゴミの中から再利用できそうなプラスチックをより分け、新しい製品に作り替えることを生業としていたのです。ダッカ中で消費され、廃棄されたものが、最後の最後に流れ着く場所。それが「ゴミの街」でした。

 すさまじい騒音と悪臭が支配するゴミの街にあって、人々は驚くほど陽気でした。「いやいや働かされている」という後ろ向きな雰囲気はまったく感じられなかったのです。



 人々の明るい表情と置かれている環境とのギャップの大きさに、僕は言葉を失いました。いったい自分は何を撮るべきなのか。自問しながら歩き続けました。

 そこで僕はある男と出会うことになります。彼が教えてくれたのは、
「あんたは、ここにいてもいい」
 というメッセージだったのです。

 この世界はこのままで十分に美しいし、誰にとっても生きる価値のあるものなのだ。そう確信することができたのは、この「ゴミの街」を歩いたからでした。






 CD-ROM2013に収められているのは旅行記だけではありません。
 WEB未公開の写真を数多く含む高画質の写真も必見です。
 その数なんと934枚「デジタル写真集」としても楽しんでいただけます。(サンプル(1)(2)(3)でお確かめください

 このデジタル写真集には、ミャンマー、バングラデシュ、東ティモールで集めた素晴らしい笑顔が詰まっています。笑顔のチカラを感じてください。




価格は1600円。通信販売でのみご購入いただけます。
この作品集を買っていただくことが、今後も旅と撮影を続けていくための何よりの励みになります。ぜひご購入ください。
>> ご注文はこちらから




写真家・三井昌志のCD-ROM作品集は全部で8タイトル
この機会にぜひ併せてお求めください。

インド色を探して

南アジア編

東南アジア編

インド一周旅行記

2005

2004

ユーラシア一周2001
[PR]
by butterfly-life | 2014-07-16 11:09 | 旅行記2013
最終回:電動リキシャが開く未来
 長い間連載を続けていました「旅行記2013」の更新も、今回で最終回です。この続きは「CD-ROM2013」でご覧ください。未公開旅行記26話と未公開写真を多数収録した完全保存版です。


進化したリキシャ


 バングラデシュを代表する乗り物といえば、なんといっても「リキシャ」である。リキシャとはインドやバングラデシュを走っている三輪自転車タクシーのことで、車夫がペダルを漕ぎ、とても安い料金で短い距離を移動する「庶民の足」だ。ちなみにリキシャという呼称は日本の「人力車」に由来するのだとか。



 僕は2010年にリキシャに乗って日本を一周する旅を行ったこともあって、この乗り物には強い思い入れがある。自称「リキシャを語らせたら日本で一番話が長くなる男」である。いや、ほんとに。

 リキシャの魅力は「合理性から遠く離れた過剰さ」にある。無意味に派手なデザイン。総重量が80キロにも達する無骨なつくり。空力を完全に無視したフォルム。そうした「B級感」や「キッチュさ」こそがリキシャの持ち味であり、良くも悪くもバングラデシュという国を表すシンボルとなっているのである。



 しかし最近になって、そのリキシャに新しい変革の波が押し寄せているという。モーターとバッテリーを搭載した「電動リキシャ(オートリキシャ)」なるものが、急速に普及しているというのだ。

 その真偽を確かめるべく、僕はバングラ第二の都市チッタゴンに向かった。そして街を走るリキシャを一台ずつのぞき込んで、驚くべき事実を知ったのである。なんとこの街を走るリキシャの60%以上が、すでに「電化」されていたのだ。4年前に来たときには、電動リキシャなんて一台も見なかったというのに。


【動画】チッタゴンの街を駆け抜ける電動リキシャ。ペダルがまったく動いていないことに注目。


 電動リキシャの仕組みはとてもシンプルなものだ。フレームに取り付けたモーターの力を、チェーンを介して車軸に送る。ただそれだけである。既存のペダルもそのまま残っているので、もしバッテリーの残量がなくなったら(そういうことはほとんどないようだが)ペダルを踏んで走ることも可能だ。つまり人力と電力の「ハイブリッド」なのである。


電動リキシャに取り付けられたモーターの力は、チェーンと歯車を通じて後輪に送られる。既存のペダル駆動力も残した「ハイブリッド仕様」だ。


 500Wのモーターには十分なパワーがあり、乗客を3人乗せて緩やかな坂道を上ることもできる。座席の下に収められたバッテリーは8時間の充電で12時間走ることが可能だという。ハンドルに取り付けられたスロットルで操作できるので、誰もが簡単に運転できる。最高時速はおよそ40キロ。加速力もなかなかのもので、混み合った市街地であればCNG(天然ガスを使った三輪タクシー)と変わらない速さで目的地に着くことができる。


バッテリーは座席の下に収まっている


ハンドルに取り付けたスロットルでモーターパワーを操作する。乗り味はバイクと同じだ。


「チッタゴンで電動リキシャが走り始めたのは、2009年頃のことだったと思う」
 と教えてくれたのは、1年前から電動リキシャの製造販売を始めた企業のオーナーだった。
「本格的に普及したのはこの2年ぐらいだね。今じゃうちの会社だけで1ヶ月に100台も売れているんだ。注文がさばけないぐらいの人気だよ。値段が安くなったことが大きいね。去年までは1台68000タカ(8万5000円)したんだが、今年は55000タカ(6万9000円)にまで下がったんだ。中国から輸入しているモーターとパワーコントローラーが安くなっている。バッテリーはバングラデシュ製なんだが、これも将来はもっと値段が下がるだろうね」


リキシャにモーターを取り付ける職人



 昔ながらの人力リキシャは1台14000タカ(1万7500円)程度なので、それと比較すると4倍も高価なのだが、得られるメリットは価格以上だとオーナーは強調する。目的地までの移動時間が短くなるから、運賃を高く設定することもできるし、リキシャ引きの疲労が軽減されることで、一日に運べる客の数も格段に増える。「収入が増えるから、リキシャ代なんてすぐに回収できるよ」とオーナーは自信たっぷりだった。



電動リキシャ誕生の物語


 リキシャで日本を一周していたとき、何度となく「こいつに電動アシストがついていれば、さぞかし楽だろうなぁ」と思ったものだった。リキシャという乗り物は重量が80キロもあるせいで、平らな道でも立ち漕ぎが必要なほどペダルが重かったのだ。変速ギアもないから、ちょっとした上り坂でもリキシャを降りて歩かなければならなくなる。バングラデシュは平坦な国なのでまだマシだが、山の多い日本では致命的な欠点だった。(一番大変だったのは箱根越えだった・・・)

 リキシャの欠点はペダルの重さだけではなかった。効きの悪いブレーキや、空気抵抗を受けまくる幌、座り心地の悪い座席などなど、数え上げたらきりがないほど問題だらけの乗り物だったのである。


リキシャの座席を作る職人


 どうしてリキシャはこんなにも乗りにくく、壊れやすいのか。リキシャ工房の職人たちに訊ねてみたことがある。
「なんとかできないのかい?」
 しかし職人たちはこう口をそろえた。
「リキシャってのはこういうものだからね」
 昔からペダルは重かったし、座席は硬かったし、ブレーキの効きも悪かった。それでもみんな乗っているんだから、いまさら変える必要なんてない、ということらしい。

 以前からあるものを何の疑問も持たずにそのまま継承する。ほとんどのリキシャ職人がこうした既成概念の枠の中で仕事をしていた。問題点を改善し、よりよい製品を作ろうという人は見当たらなかった。だからこそリキシャは何十年ものあいだほとんどその姿を変えなかったのである。生きた化石シーラカンスのように。



 実際のところ、電動リキシャで使われているテクノロジーは目新しいものではない。昔からあるモーターとバッテリーを組み合わせただけだから、10年以上前に普及していても不思議ではないのだ。それができなかったのは「リキシャとはこういうものだ」という思い込みにとらわれていたからだと思う。「コロンブスの卵」の例にあるように、既成概念を打ち破るのはそう簡単なことではないのだ。

 「リキシャとはこういうものだ」という先入観を打ち砕き、電動リキシャが生まれるきっかけを作ったのは、中国で開発された「電動輪タク」だった。後部座席に6人の客を乗せられる電動輪タクは、10年ほど前からバングラデシュにも輸入されるようになり、主に地方都市で普及していたのだが、13万タカ(16万円)以上という価格がネックになって、爆発的人気には至らなかった。


中国製の電動輪タクは本格的な普及には至らなかった

 電動リキシャは、この電動輪タクの部品をそのまま流用し、値段を半額以下に抑えたことで一気に広まった。外観や乗り方が既存のリキシャと同じだったことも、普及の手助けになったのだろう。つまり電動リキシャの誕生には、それとほとんど同じ機能を持つ電動輪タクの登場が不可欠だったわけである。残念ながら「バングラ人オリジナルの発明」とはとても呼べない代物なのだ。


電動リキシャのパワーコントローラーには中国語の文字が見える。部品はすべて中国からの輸入品なのである。


 これがもし日本だったら、状況はずいぶん違っていただろう。国民的乗り物が何十年ものあいだ何の変化も加えられないまま放置されるなんてことは、日本ではあり得ないはずだ。技術者がアイデアを競い合い、少しでも安全で快適な乗り物にしようと努力するだろう。

 日本の企業は小さな改善を積み重ねて、現行の製品をバージョンアップしていくのが得意だと言われる。自動車の燃費を何十年にもわたってこつこつと改善してきた歴史がその代表例だ。それに対してアメリカ人は大胆な発想の転換で、まったく新しい製品と新しい市場を作り出すのが得意だ。パソコン、インターネット、検索エンジン、スマートフォン、SNSなどは、数多くの失敗を繰り返しながら生まれた革新的なイノベーションの好例だ。

 そんなわけで、ビジネス誌には「日本人にはイノベーティブな発想が欠けているから、アメリカ人を見習うべきだ」という主張が載ることになる。しかし広く世界を見渡してみれば「イノベーションどころか、小さな改善を積み重ねることができる国民ですら稀だ」という事実が浮かび上がってくる。

 この世界は「横並び」がデフォルトなのだ。競争よりも共存を目指し、先行者よりも「二匹目のドジョウ」になることを狙う。それが人間の――もっと言えば生物の――本質なのではないだろうか。

 革新的な技術はもちろん素晴らしい。でも「今あるものをよりよいものに作り替えていく」という地道な努力もまたこの世界には必要なものなのだ。



電動リキシャが開く未来


 ここに電動リキシャの可能性を感じさせる一枚の写真がある。



 お気づきだろうか?
 このリキシャ引きの両足が切れていることに。

 彼の姿を最初に見たとき、僕はまず我が目を疑った。
 信じられなかったのだ。「足のないリキシャ引き」がいるなんてことが。

 しかしそれは僕の見間違いでも空想上の産物でもなかった。彼は電動リキシャという新しいテクノロジーのおかげで、足がなくてもリキシャを運転できるようになったのである。

 福祉制度が整っていないこの国では、彼のような身体障害者の多くが物乞いをせざるを得ない状況に追い込まれている。自らの障害を「武器」にして、道行く人にお金を恵んでもらう。哀れみと蔑みの目で見られることと引き替えに、いくばくかの小銭を受け取る。そうすることでしか生きていけない人々が大勢いるのである。



 「足のない男」がリキシャを引くことで得ているのはお金だけではない。健常者と同じように働くことによって、彼は自尊心や生きがいを感じることができているのだと思う。

 大いなる可能性を秘めている電動リキシャだが、その普及にはまだ課題も多かった。実は首都ダッカではいまだに電動リキシャの走行が禁止されているのだ。ただでさえ電力需給が逼迫しているダッカで、もし電動リキシャが普及したら、停電が頻発しかねない。政府はそれを恐れているのである。1台の電動リキシャが必要とする電力は微々たるものだが、それが何十万台にもなれば無視できなくなるというわけだ。

 もともと政府はダッカからリキシャを排除する方向で規制を強めていた。スピードが遅いリキシャは渋滞の原因ともなるので、ダッカを近代的な街に発展させたいと願う人々から目の敵にされているのだ。すでに幹線道路の多くはリキシャの走行が禁止されている。カルカッタから人力車が閉め出されたように、バンコクからトゥクトゥクが消えつつあるように、ダッカからリキシャが消える日もそう遠くはないだろう――2,3年前まではそう考えられていた。


リキシャ引きは肉体を酷使する過酷な仕事だ。電動リキシャは彼らのタフな人生を楽にすることができるだろうか。


 しかし電動リキシャの登場で、この状況が変わる可能性が出てきた。ガソリン車やCNGと同レベルの加速性能を持つ電動リキシャは、渋滞の原因にはならない。しかも騒音も排気ガスも出さない極めてエコな乗り物なのである。確かに電力は今よりも必要になるだろうが、トータルのエネルギー効率で見ればガソリン車よりも優れているのは明らかなのだから、むしろ積極的に電動リキシャを推進するべきだと思う。

 政府が本気で取り組めば、てんでばらばらな電動リキシャに統一規格を設けて、関連産業を国内で育てることもできるはずだ。モーターやパワーユニットを中国からの輸入に頼らず、国内で作れるようになれば、新しい雇用も生まれるだろう。


リキシャに独特のペイントを施す職人

 そのうえでリキシャの特徴である派手でキッチュなデザインは、さらに趣向を凝らしたものにしていけばいい。そうすればユニークな乗り物として外国人旅行者にも大いにアピールできるだろうし、ダッカのイメージ向上にも一役買うはずだ。

 新しいテクノロジーと古い伝統とが融合した電動リキシャが、バングラデシュの新しい未来を切り開くかもしれない。


ダッカの東にあるリキシャの墓場。使い物にならなくなったリキシャがおよそ千台近くも捨てられている場所である。電動リキシャの普及は、このような古いリキシャの再生の道を切り開くかもしれない。


長い間連載を続けていました「旅行記2013」の更新も、今回で最終回です。
この続きは「CD-ROM2013」でご覧ください。
未公開旅行記26話と未公開写真を多数収録した完全保存版です。(詳細はこちら)
[PR]
by butterfly-life | 2014-07-14 15:55 | 旅行記2013
無駄にカッコいい男たち(市場編)
「旅行記2013」のバックナンバーはこちらをご覧ください。


無駄にカッコいい男@市場


 市場で働く人にも「無駄にカッコいい男」が多かった。

 東南アジアでは市場は女の世界で、ものを売るのも買うのも女性が中心なのだが、ムスリムが大半を占めるバングラデシュではこれが完全に逆転してしまう。市場のどこを見渡しても、いるのは男、男、男ばかりなのだ。




野菜を扱うのももちろん男だ


据え付けられた包丁で魚をさばく魚屋。煙草を吹かして一服していた。


市場で出会ったマッチョな男


卸売市場で米袋を担ぐ男。背は低いが体幹ががっしりしている。それが「担ぎ屋」たちに共通した体格だ。


大きなカゴを頭に乗せているのは市場の運び屋たち




スパリの実を運ぶ男。乾燥させて砕いたスパリの実は、パーン(ビンロウ)の材料になる。


魚の干物を売る店で働く若者


バナナを運ぶ若者


トラックに積まれた大量のバナナを降ろす男。


カゴに入れた陶器を運ぶ男


トウガラシを粉に挽く機械。部屋の中は刺激臭に満ちていて、くしゃみが止まらない。


怪しげな赤い照らし出されているのはタマネギである。タマネギ市場は赤い光と扇風機が必須アイテムなのだが、なぜなのかはわからない。


魚の卸売市場で声を張り上げる男。競りは即断即決で行われる。


肉屋の店先には生々しい色の内臓が並んでいた



鶏だらけの市場


 市場の中でもっとも荒っぽく、バングラらしい猥雑さに満ちあふれていたのは、鶏市場だった。鶏肉はバングラデシュでもっともポピュラーな肉なので、その数もすさまじく、見渡す限り鶏だらけの光景は壮観だった。



【動画】バングラデシュ最大の鶏市場は壮観のひとこと


 鶏はまるでバスケットボールのようにひょいひょいと籠の中に放り込まれ、三輪リヤカーに乗せられてどこかに運ばれていく。大切な商品に対する扱いとは到底思えないような雑さだが、そうでもしないとこれほど大量の鶏はさばけないのだろう。


鶏はバングラデシュで一番食べられている肉なので、扱う量も多い






鶏は竹を編んだ大きなカゴに入れられ、荷台付きのリキシャ(バン)に載せられて運ばれている。


鶏の扱いはとにかく雑。ひっつかんでは投げ、ひっつかんでは投げ、という感じだった。


鶏の頭を切り落としている男。見よ、この贅肉のない肉体を。これぞ働く男のボディーだ。


男が担いでいるカゴにいったい何羽の鶏が入っているのだろう? この国では鶏は帽子なのかもしれない。


何十羽もの鶏を生きたまま運ぶ男。この国じゃ、鶏はアクセサリーなのか?



 この続きは「CD-ROM2013」でお楽しみください。
 ブログに連載中の旅行記に未公開エピソード26話を加えた電子書籍です。
 高画質写真ファイルも934枚収録。
 ミャンマー、バングラデシュ、東ティモールの人々の飾らない笑顔を堪能してください。(詳細はこちら)
[PR]
by butterfly-life | 2014-07-09 10:33 | 旅行記2013
町工場に萌える
「旅行記2013」のバックナンバーはこちらをご覧ください。


町工場萌え


 「無駄にかっこいい男」の出現率がもっとも高いのが町工場だった。高い塀で囲まれた立派な工場(こうじょう)ではなく、従業員が数人しかいないようなトタン屋根の工場(こうば)には、油や煤にまみれた熱い職人たちの働く姿が見られたのである。


刃物を研ぐ男。飛び散る火花と火花避けのゴーグルがやたらカッコいい。


鉄パイプをグラインダーで削っていた男。激しく火花が飛び散るから防護グラスは必須だ。


ふいごを使って石炭に空気を送り込む鍛冶屋。バングラデシュの田舎町にはこうした昔ながらの鍛冶屋がいて、農作業に使う刃物などを作っている。


かんなを使って木の板を削る家具職人たち


アルミの板をしぼって水瓶を作る


ブリキの板を加工して一斗缶を作る町工場


古い鉄管をリサイクルする工場


ダッカの旧市街には一間だけの小さな町工場が無数にある。ここは金属加工を行う工場。


旋盤工場で働く男。小さな裸電球で手元を照らしながらの作業だ。














ボルトとナットを作る小さな町工場。部品にメッキを施している。


ガスコンロを作る小さな工場。溶接のアークライトの中に男のシルエットが浮かび上がる。


溶接工場で働く男。スパークする火花がクールだ。


油を作る工場。古めかしい油絞り機を動かす若い男。


ゴマや菜種から油を搾る


鉄を溶かす工場


 ジョソール近郊にはポンプを作る工場があった。井戸水を汲み上げる小さなポンプから、川の水を田んぼに引き入れるための大型ポンプまで、様々なポンプを作っている。

 ポンプは鉄の鋳物で作られていて、この手の町工場にしては大がかりだった。砂で鋳型を作る人、石炭を運ぶ人、溶かした鉄を鋳型に流し込む人、型から取り出す人、取り出した鋳物に穴を開ける人など、何人もの職人の分業制になっていた。


ポンプの部品を作る鋳物工場で働く男。鉄を溶かすための炉に石炭をくべ、送風機で風を送って高温にする。どろどろに溶かした鉄を砂型に流し込むのだ。


ポンプの部品を作るための鋳型を並べている


鉄くずを溶かしている職人




ポンプ工場で働く男。鋳造された部品にドリルで穴を開けている。


ポンプ工場では女性も働いていた。鋳物加工という男っぽい職場で、女性が働いているのは珍しい。


ポンプ工場では女性も働いていた。鋳造に使う石炭を運ぶ。



アルミのリサイクル方法


 バングラデシュはリサイクル大国で、一度捨てられたものもできる限り再利用する。アルミは低温で溶けるのでリサイクルに向いている材料なのだが、バングラデシュの町工場ではかなり原始的な方法を採っていた。

 ゴミとして回収されたアルミのクズを細かく砕き、それを石炭に混ぜて高温で熱し、どろどろに溶かすのだ。


アルミのクズからアルミの塊を作る

 こうしてできたアルミのインゴットは1キロあたり170タカ(210円)で取引されているという。インゴットひとつは5キロ。アルミだから見た目ほど重くはないようだ。

 「私はここで35年働いているんだ」という職人がいるぐらいだから、ずいぶん昔からこのやり方でアルミをリサイクルしているようだ。


細かく砕いたアルミを石炭と混ぜて熱する


アルミのクズを細かく砕くときに使うのは、足踏み式の米つき機そっくりの道具だった。


こちらも農作業の一コマにしか見えないのだが、実は細かく砕いたアルミをザルでより分けているのだ。



 この続きは「CD-ROM2013」でお楽しみください。
 ブログに連載中の旅行記に未公開エピソード26話を加えた電子書籍です。
 高画質写真ファイルも934枚収録。
 ミャンマー、バングラデシュ、東ティモールの人々の飾らない笑顔を堪能してください。(詳細はこちら)
[PR]
by butterfly-life | 2014-07-03 16:30 | 旅行記2013