<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ワクワクする40代でいこう

ワクワクする40代でいこう

 40歳の誕生日を迎えた。「不惑」なんて言い方はもうしないのかもしれないけど、若い頃に想像していた40歳とはずいぶん違う場所に立っているのは間違いない。「惑わない」どころか、「迷い続ける」40歳。なにしろ今、これからどこに行くのか決まっていないほどの迷いっぷりなのだ。

 いつも宿をチェックアウトしたあと、最初に浴びる日の光の強さで行き先を決める。
 爽やかに晴れ渡った空なら、農村を撮るのに適している。曇り空なら街中の方がいい。幸いにして雨はまだ一度も降っていないが(インドは乾季の真っ最中)、もしそうなったら無理せずに宿で休むだろう。
 いずれにしても、今どこに行きたいのか、まず自分の気持ちを探ることからまず始める。誰も行き先を決めてはくれない。これは僕自身の旅なのだから。

 20代の頃は「写真」よりも「旅」の方が好きだった。「ここではないどこかへ行ける」というだけで胸が高鳴った。写真はあくまでも旅のオマケでしかなかった。写真を撮らなくたって、異国の町をあてもなく歩いているだけで、十分に楽しかった。

 それがいつの間にか、「写真」のウェイトがどんどん大きくなっていった。写真を撮るために旅をするようになった。「撮る」という明確な目的を持つことで、よりディープな場所に足を踏み入れるようになった。今ではカメラを持たない旅なんて考えられない。

 笑顔に出会えたから、それを写真に撮るのではない。
 カメラを持っているからこそ、そこに笑顔が生まれるのだ。
 インドの田舎町をぶらぶらと歩いていると、そう感じることが多い。
 僕にとってカメラは大切なコミュニケーションツールでもあるのだ。


オリッサ州の小数部族の住む村で出会った少年。屈託のない笑顔だ。


 20代の頃は「こんな旅は若い時にしかできないだろう」って思っていた。バックパッカーは若者の特権だから、それができるうちに楽しんでやろうと。
 でも今はそんな風には思わない。20代の頃よりも、もっとハードでもっとディープな旅を求めているからだ。インド屈指の悪路を一日走り続けて埃だらけになっても、水を浴びてきれいさっぱり洗い流してしまえば、あとに残るのは充実感だけだし、相変わらず1泊300円の安宿に(南京虫とベッドの硬さと外の騒音に悪態をつきながらも)寝泊まりしている。


川で洗濯をするおばさん。洗濯物を石に豪快に叩きつけるのがインド流だ。


 別に「永遠に年をとらない」とか「ずっと若者でいたい」などと思っているわけではない。誰がなんと言おうと、時間は不可逆的に流れていて、いつかは必ず僕にも体力的な限界が訪れるだろう。そのときが来れば、ただ黙って受け入れるしかない。
 でも今はまだ、そのときではない。

 今日もよく走り、よく撮った。
 様々な光に出会い、様々な笑顔に出会った。
 存分に旅を楽しんでいる。それだけで今、幸せだ。

 「ワクワクする40代」でいこうと思う。



インドからメリー・クリスマス! クリスマスなんてインド人には基本的には関係ないのですが、一応サンタの格好で呼び込みをしている男もいた。最高気温30度だから汗だくだったけど。
ところでサンタの隣にいる人は誰? あぁネズミのミッキーさんの親戚ですね。


オリッサ州の山村に住む少数部族マリ族の女性。髪に油をたっぷりと塗り込んで、櫛でとかしていた。


「写真撮って!」って寄ってきたのに、そんな厳しい顔しなくたっていいじゃない。


アンドラプラデシュ州の羊飼いは、番傘風のユニークな日傘を差して羊を見張っていた。歌舞伎役者みたいなポーズが決まっていた。
[PR]
by butterfly-life | 2014-12-25 10:51 | インド旅行記2015
インドでデジカメの充電器が壊れた話

インドでカメラの充電器が壊れた話

 インド一周の旅を始めて2週間があっという間に過ぎました。バイクでインドを一周するのも今回で3回目。もうベテランの域ではあるのですが、相変わらずインドは新鮮な驚きに満ちています。
 牛が道端に寝そべり、サルが果物屋のみかんを盗み、人が浜辺で用を足す。清潔ですべてが整った日本とはまるっきり違う環境で、人々はたくましく熱く生きているのです。

 いつものように70ccの小型バイクを借りて、まずはオリッサ州の山の中を移動していたのですが、ここで思わぬトラブルが発生。デジカメのバッテリー充電器が壊れてしまったのです。電源ランプが付かず、もちろん充電もされない。突然うんともすんともいわなくなってしまったのでした。インドでは電圧が急に変わったりするらしいので、それがダメージになったのかもしれません。

 困りました。バッテリーはかなり長持ちする(フル充電で2200回ぐらいシャッターが切れる)んだけど、何とか代替品を手に入れないことには撮影が続けられなくなってしまいます。しかしここはオリッサ州の田舎町ラヤガーダ。ヨドバシカメラもなければ、Amazonも使えません。「どーすりゃいいんだ!」と天を仰ぎました。

 しかし嘆いてばかりもいられないので、とりあえずラヤガーダの町のカメラ屋に入ってみました。カメラ屋といっても専門店ではなく、パソコンや携帯を売っている横に、キャノンやニコンのコンデジを置いてある、という店。こんなところに一眼レフカメラの充電器なんて置いてないよなぁと思ったら、案の定店主は言いました。
「充電器はない。でも3日間待てば取り寄せてあげるよ」
 さすがにこの何もない田舎町で三日間は待てません。
「充電器が置いてありそうなカメラ屋はどこにいけばある?」
「ビシャカパトナムって街だ。ここから200キロ南だよ」
  仕方ない。他に選択肢がないんだから。というわけでビジャヤナガラムという街に向かったのです。


 ビシャカパトナムに向かう道すがら、面白い看板を発見しました。

 「平井堅がインド人にそっくり」というのが話題になっていますが、逆もまた真なりってわけで、「平井堅にそっくりなインド人」もやっぱり存在するようです。


 というわけで、やってきましたビシャカパトナム。人口180万を数える大都市です。インドでも有数の貿易港があり、巨大な製鉄所と石油コンビナートがある工業都市でもあります。山間の町とは全然規模が違って、街もどこか垢抜けている。ここなら充電器もありそう。
 しばらく街を走っていると、ありました、ありました「CANON」の赤い文字を掲げた看板が。どうやらキヤノン専門のショールームのようです。



 さっそく店に入って充電器のことを訊ねると、ちゃんと置いてありました。しかも同じものがずらっと6つも並んでいる。
 値段も2400ルピー(4800円)と、日本で買うのとほぼ変わらない。すばらしい。日本だと充電器なんてまず壊れないが、電圧が不安定なインドでは壊れやすく、代替品の需要もけっこうあるのかもしれない。



 しかしカメラ本体はものすごく高いようです。日本だと18万円で買える7D-mark2がインドでは15万ルピー(30万円)もするし、日本で26万円の5D-mark3もインドでは23万ルピー(46万円)もするのです。7割ぐらい高い。
 店員に日本の値段を教えると、「どうしてそんなに安いんだ?」と逆に驚かれました。関税や輸送費もあるでしょうが、それにしても高すぎます。やっぱり高級一眼レフカメラの需要そのものがあまりないんでしょう。でも富裕層はいくら高くても買うから、このような値段設定になる。インドの庶民はみんな携帯やスマホで写真を撮っています。デジカメという存在自体が、高級なホビーもしくはプロフェッショナルの機材になっているんですね。

 円安も価格差の大きな要因です。円安がどんどん進行している今、メイド・イン・ジャパン製品は外国人にとってバーゲンセール状態なのです。外国人訪日客が電気屋に足を運んで、高級家電やカメラを買って帰る気持ちがよくわかります。インド人が日本で一眼レフを2,3個買って帰ってくれば(うまく税関の目をごまかせれば)、旅費をチャラにできるぐらいの儲けになるのかもしれません。

 そんなこんなで、何とか無事に充電器を手に入れ、これからも撮影を続けられることになりました。旅先での不測の事態に備えて、ハードディスクは3個、メモリーカードも3枚、予備バッテリーもひとつ用意しているんだけど、充電器が壊れるというのは予想外でした。
 旅はいつも予期できないトラブルに満ちているものだと改めて思い知らされたのでした。

鉄道駅で出会った少女が、キラキラした瞳を向けてくれた。

街角でチャイを売る屋台。甘くて濃いミルクティーが安い値段で楽しめる。この国には自動販売機はいらないかもね。


パーカーを着た少年が鋭い目つきでこちらを見ていた。

ブラフマプールの市場で出会った運び屋の男。ここにもまた「無駄にカッコいい男」がいた!

オリッサ州は米の収穫作業の真っ最中。脱穀したもみ殻とゴミを風の力を使ってより分ける光景が、あちこちで見られる。


ドゥルガー神をまつるほこらの前で出会った少女。
[PR]
by butterfly-life | 2014-12-18 11:21 | インド旅行記2015
インド旅、はじめました。
 インド旅、はじめました。
 夏になると「冷やし中華始めました」の看板が出るように、冬になると旅を始めるのが、この数年来の定番になっていますが、今回はまたまたインドです。このでっかい国をバイクで一周して、いろんなものを見てやろうというわけです。

 羽田・クアラルンプール・コルカタを経て、オリッサ州プリーにやってきた。
 プリーで泊まっているのは伝説の日本人宿「サンタナ・ロッジ」だ。泊まり客はほぼすべて日本人。普通ではちょっとわからない路地裏にひっそりとある。一見さんを受け入れない感じって、なぜか日本人宿に共通している。
 1泊2食付きで250ルピー(500円)という激安プライス。総じて物価が上がっている今のインドでは、ちょっと考えられない値段。しかも食事も普通にうまい。Wifiも使えるし、日本の漫画ライブラリーも充実している。ほとんど漫画喫茶状態。「外こもり」ライフを満喫するには理想的な環境だ。実際、1ヶ月や2ヶ月泊まり続けているという人も珍しくない。バルコニーでギターをポロロンと弾いている人がいたり、日本語書籍が充実していたり。あぁモノホンの日本人宿だ、ここは。

 プリーはインドを訪れるたびに必ず立ち寄る町なのだが、サンタナ・ロッジには足が向かなかった。噂には聞いていた。沈没者続出の激安宿があると。でも泊まってみようとは思わなかった。僕の旅は基本、ずっと移動だ。そのリズムを乱されなくなかったのかもしれない。
 それが今回泊まることにしたのは、とある日本人に会うためだった。つい先日、コルカタの駅でカメラやPC、HDDまですべて盗まれてしまった中田さんに、新しいカメラとMacを届けるという重大なミッションがあったのである。
 そのミッションは無事に成功し、どん底だった中田さんの気持ちもいくぶん上向いてきたようだ。良かった。中田さんは仕事も家も車も引き払い、ご夫婦で3年旅をするつもりで日本を出てきた。インドを旅していると、日本ではなかなかで会うことのできないユニークな生き方をしている人に出会う。中田さんもそんな一人だ。

 インド二日目は、これからの旅で使うバイクとiPhone用のSIMカードを調達するために費やされた。バイクはまったく問題がない。3年前にインドを旅したときに僕が買って、そのあと売ったものが、そのまま使えることになったからだ。70ccのスクーター。こんなものでインドを一周するつもりなのかとインド人にも鼻で笑われてしまうちゃちなエンジンだが、どっこいこれが乗りやすい。シンプル・イズ・ベスト。無駄なものが一切ない潔さで、これまでの僕の旅の相棒をつとめてくれた。今回もよろしく。

 インドでSIMカードを購入するのは手間がかかる。SIMそれ自体は160ルピー(300円)という低価格で簡単に買えるのだが、去年あたりから外国人は手続きが煩雑になった。パキスタンのテロリストを警戒しているらしいが、今も昔もインドは規制の好きな国なのである。
 そこでホテルのマネージャーに頼んで、インド人にSIMを買ってもらい、それを僕のiPhoneでアクティベーションした。こうすればすぐに使えるようになる。結局抜け道だらけのザル規制なのだ。結局この規制で一番損をするのは、まっとうにインドを楽しみたい長期旅行者なのだ。
 ここプリーで使えるのは2G回線。LTEでもなく、3Gでもなく、さらに古い2Gである。もちろんものすごく遅い。画像表示にもすごく時間がかかる。基本、テキストベースのコミュニケーションしか取れない・・・ので、ブログやメルマガの更新もスローペースになるかも、です。



プリーで出会った少年は、豪快に水浴びをしていた。12月のオリッサ州は結構涼しいから、少年はこのあとガタガタ震えていた。




海辺を歩いていましたら、童たちが砂浜に打ち上げられたウミガメをいじめておりました。「おいおい、それではカメがかわいそうではないか」といって童たちを追い払い払うと、ウミガメは感謝の言葉を述べ、わたしを甲羅に乗せて海の中に・・・。


浜辺に立てられた杭にロープを巻き付けて、メリーゴーランドみたいにぐるぐる回る遊び。なんだって遊びに変えてしまう子供のパワーがすごい。


野良犬だって、こうして生きている。それがインドなんだな。

[PR]
by butterfly-life | 2014-12-10 10:28 | インド旅行記2015