<   2015年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
バイクでインド一周の旅がついに終わりました

インド一周旅のゴール

 4ヶ月に及んだインド一周の旅が終わった。120日間で16000キロを走り、7万8000枚の写真を撮った。

 ビハール州から終着点のオリッサ州プリーまでは一気に走り切った。4月はじめのインド内陸部は40度近くまで気温が上がるので、ただバイクで走っているだけでも体力を消耗する。朝早くに出発して、なるべく午前中に距離を稼いでおく。そして午後はソフトドリンクやマンゴージュースなんかを飲んで水分補給しながら、ぼちぼちと前に進む。

 ゴールのプリーにたどり着いたのは、4月1日の18時ちょうど。夕陽が西の空に落ちるのとほぼ同時だった。ハイウェーをノンストップで駆け抜け、この日だけで300キロ以上走った。疲れたけど、充実感に満ちたゴールだった。



  この4ヶ月、写真のことばかり考えていた。どこに行けばいい被写体に出会えるのか。どうすればいい光が得られるのか。24時間、寝ても覚めても写真のことが頭から離れることはなかった。心が浮き立つような楽しさもあったが、身を切られるような辛さもあった。そんな日々もこれでおしまいだ。
 インドよ、ありがとう。さようなら。



 4月5日の深夜に東京に戻った。インドの国内線とエアアジアを乗り継いで、30時間以上かけての帰国だった。飛行機のスケジュールはほぼ予定通りだったが、予想外の事態がブバネシュワールに向かうハイウェイで起こった。路上で乗用車とバイクが正面衝突する事故が起こり、そのせいで大渋滞が発生していたのだ。僕が乗っていたローカルバスもいつ出発できるかわからないという状況だったので、渋滞の先頭までてくてく歩いて行って、その先で別のバスを捕まえることにした。それが何とかうまく行ったので事なきを得たが、飛行機に乗り遅れてしまうかもという焦りは心臓に悪かった。


ハイウェイ上でバイクと衝突した車

 事故車と衝突したバイクは、中央分離帯にはね飛ばされて、大破していた。運転手の命はおそらく助からないだろう。インドでは交通事故は決して珍しくない。交通ルールを遵守する善良なドライバーは少なく、自分勝手でせっかちな大型車両が跋扈しているからだ。僕がどこかの道ではね飛ばされていた可能性だってあった。まずは1万6000キロを無事故で走りきれたことに感謝しなければいけないだろう。旅の女神様に。


コルカタの空港は超モダンな建物にリニューアルされた。全然インドっぽくない空間だ。

 日本に戻った直後は「インドってどうだった?」と聞かれることが多いけれど、「うん、良かったよ」としか答えられない。
 何がどう具体的に良かったのか、それはこれからじっくり考えよう。
 今ただ「インドはやっぱりいい」としか言えないのだ。




 写真家にとって一番大切なのは、この世界のために流す涙だと思う。美しく切ない、この世界のために。


 レンガをひとつひとつ積み上げていくように、毎日を丁寧に生きよう。
 ひとつのレンガは小さくても、それが何千何万と集まれば、きっと大きな建物になるはずだから。
[PR]
by butterfly-life | 2015-04-09 11:29 | インド旅行記2015
バラナシの写真

聖地バラナシの夜明け

 今回、ヒンドゥー教最大の聖地バラナシを訪れるつもりはなかった。3年前と14年前の二度も訪れているし、とにかく人だらけで道路もぎゅうぎゅうに渋滞していて疲れる街だからだ。


聖地バラナシに昇る朝日を浴びながらヨガをする若者

 そのバラナシに来てしまったのは、ミルザプールという町のホテルで次々と宿泊を断られたからだ。インドにはたまに「外国人お断り」の町がある。外人を泊めるのは面倒だから、どのホテルも揃って「部屋なんてないよ」と首を振る。本人たちは嫌がらせをしているつもりはないのだろうが、立て続けに十軒も断られて、1時間以上も町をうろうろしていると、意味もなく小突き回されているような気分になってきて、次第に町全体を憎むようになる。

 以前はどんな辺境のホテルでも笑顔で迎えてくれたものだ。それが「ガイジンは面倒」に変わったのは、インドのポンコツ官僚が決めた規則「Cフォーム」のせいだ。Cフォームの歴史は古く、もともとは1971年に導入された制度らしい。その当時は外国人も珍しく、その行き先をトレースすることが必要だったのかもしれないが、グローバル化が進む21世紀にあって、一人一人の外国人の居場所を中央政府の監視下に置けると本気で考えているのだとしたら、時代錯誤も甚だしいと言わざるを得ない。

 有名無実化していたCフォームが最近になって多くの町で義務化されるようになったのは、テロ対策のためだという。具体的に言えばパキスタンからやってくるイスラム過激派を封じ込めたいのだろうが、どうでもいい項目を長々と書かされることで迷惑を被るのは一般の旅行者と宿泊施設だ。ご苦労なことに、インドは好感度を自らのルールで下げているのだ。

「外国人はカネ持ってくるから、ビザ要件もどんどん緩和してウェルカムだ!」というのが世界の潮流だとして、その流れを全力で逆向きに泳いでいるインドは、ある意味では素敵だ。みんなが「インドなんて面倒くせぇ」と思っているから、国の規模に不釣り合いなほど外人が少ないわけだから。

 とまぁ、Cフォームに関して言いたいことは山のようにあるわけだが、一番の問題は「ホテルが面倒くさがって外人を泊めなくなる」ことにある。特に外国人があまりやってこないミルザプールのような町だと、この傾向は強まる。そしてその結果、(大いに腹を立てながら)バラナシに泊まることになったのだった。

バラナシの朝日を見つめるサドゥーと野良犬

 心ならずも訪れることになったバラナシだが、翌朝ガンガー沿いを散歩してみて、すぐに「この街は特別なんだ」と感じた。目にするもの全てが新鮮な輝きに満ちていた。ガンガーに入って沐浴をする人、洗濯物を乾かす人、怪しげな存在感を放つサドゥー、外国人旅行者をわんさか乗せた観光ボート、雑然とした壁の落書き、そして遺体が次々に焼かれていく火葬場。バラナシをバラナシたらしめている舞台装置は、僕がここを初めて訪れた14年前と何ら変わっていないのだが、その不変性がインドを見慣れたはずの僕の目にとても新鮮に映ったのだ。


朝日に向かってホラ貝を吹くサドゥー


ガンガーに祈りを捧げるサドゥー


聖地バラナシはどこをどう切り取っても絵になる

 まるでインド初心者のように、僕は夢中で写真を撮った。この街で、僕はとても自由だった。10メートル歩くたびに「ボート乗るか?」と声を掛けてくるめんどくさい船頭たちを除けば、基本的にこの街は外国人を放っておいてくれるのだ。子供たちがわーわー後をついてくることもなければ、おっさんたちから「お前はここへ何しに来た」と詰問されることもない。

 毎朝6時前に起きて、ガンガーの向こうから朝日が昇るのを眺め、ガート(沐浴場)が連なる河岸を歩きながら写真を撮った。巡礼者もサドゥー(行者)も、土産物屋も、野良犬も野良牛も野猿たちも、すべてがひとつの舞台を演じる役者のようだった。


夜明け直後のガンガーを眺める男


ガンガーの水で洗ったシーツを干す洗濯屋


バラナシで見かけた不思議な日本語。「カーナは、ゲストハワスを支払う」
そ、そうですか。支払ってくださるんですか。ところで「ゲストハワス」って何ですか?
[PR]
by butterfly-life | 2015-04-01 07:15 | インド旅行記2015