世界はよい方向に進んでいる
 カンボジアで物乞いをする子供の数は、この10年で大きく減った。ミャンマーでも減った。バングラデシュでもインドでもネパールでも減った。この一点において、僕は「21世紀の世界がよい方向に進んでいる」と確信しています。

 3ヶ月に及んだ今回の旅でも、アジア各地で子供たちの輝く笑顔を撮ってきました。特にミャンマーの子供たちは素晴らしかった。初めてミャンマーを訪れた2001年から、少しも変わらないピュアな笑顔を向けてくれます。





日焼け止めのタナカを塗った少女の素敵な笑顔。


4人並んだ子供たちの素敵な笑顔。


わんぱく少年三人組の笑顔。


裸で川に飛び込む男の子たち。水浴びと遊びを兼ねているようだ。


小学校で出会った少女


●2014年の卓上カレンダーが大好評。たくさんの注文をいただいて、初回印刷分がなくなりました。僕が東京に戻り次第、すぐに増刷しますので、年内にはお届けできます。まだの方はぜひこちらから
[PR]
by butterfly-life | 2013-12-20 18:19 | 旅行記2013


<< バングラデシュでは鶏を頭にのせて運ぶ ミャンマー女性は働き者 >>